スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巌窟王公式コミックアンソロジーの執筆者がおかしい

昨年10月より放送開始され、世界と腐女子界で話題を呼んだTVアニメ「巌窟王」のコミックアンソロジーが今月22日にビブロスから発売されます。

巌窟王公式コミックアンソロジー発売告知ページ

コミックだけでなく設定資料や声優のインタビューも掲載されるなど、ファンブック的な面も強そうなこの本。執筆者陣を見てみると


【表紙】
やまねあやの

【カラーピンナップ】
沖麻実也、笠井あゆみ、稲荷家房之介、高屋未央

【本文】
国枝彩香、氷栗優、みなみ遥、志野夏穂、CJ Michalski、亜樹良のりかず、麻生海、あさとえいり、宮城とおこ、藤河るり、他豪華執筆陣!!



どこを見てもBL作家です。
本当にありがとうございました。



確かに実況では「ウホッ」が点呼代わりだった本作品、フランツのアルベールへの友情を超えた熱い想いや、アルベールの伯爵に対する執心に悶え臥した人は少なくないと思います。
だからと言って、ここまであからさまな作家を用意するとは…恐るべしビブロス


余談ですが、執筆者の一人のみなみ遥先生は、サザンの力は認めざるを得ないよねさんの記事で取り上げられたもの凄いアオリの付いたポスターの絵を描かれていた方です。

流石に公式と名の付く以上、皆さんソッチのネタは控えた作品を描かれるとは思いますが、果たして内から臭い立つモノを抑えられるかどうか。


…あぁでも、よくよく考えてみると、公式からしてこのような版権絵を出してしまう作品でしたし、特に驚くような事でもないのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。