スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性向け同人ゲーム「花帰葬」携帯移植決定

「月姫」や「ひぐらしのなく頃に」のブレイクをきっかけに同人と商業の垣根が無くなりつつある昨今、女性向け同人ゲーム界で人気を博しているのがHaccaWorks制作の「花帰葬」です。

花帰葬


2003年12月に発売された本作は口コミで評判が広がり様々な女性向けメディアで特集が組まれ、アニメイトではAIRと共に今年の「夏のAVまつり」用カードの絵柄に採用されたりと、同人ゲームとして破格の扱いで猛プッシュを受けています。


女性向けと言ってもこの作品、男同士の恋愛を描いたBLではありません。
「この世界はどうすれば君に償えるんだろう?」
雪に覆われた、近く終末を迎える世界を舞台に繰り広げられる物語は、女性らしい儚げで繊細な演出と、発酵せし乙女達の妄想力を煽る絶妙な筆致でプレイヤーを惹きつけてくれます。


そんな「花帰葬」が@インターチャネルにて12月下旬より移植配信される事になりました。女性向け同人作品としてはおそらく初の商業シーン進出です。

女性オタク界でPCゲームは未だ敷居の高いイメージがあるのか、コンシューマー機に移植されて初めてブレイクするという例が少なくありません。しかしその反面で、気軽にプレイできる携帯用のオリジナル女性向けゲームが増加している傾向があります。
女性向けコンテンツに力を入れているインターチャネル、今回の携帯移植でより人気が高まれば、フルボイスでコンシューマー移植やCDドラマ化と言った更なる展開も夢ではないかもしれません。
…というか、ホビのプッシュっぷりを鑑みるに、CDドラマくらいは既に予定されてる気がしなくも無い。



ところで「花帰葬」が支持されている大きな理由の一つとして音楽があげられますが、今年メジャーデビューを果たした志方あきこさんの手がける情緒溢れる主題歌やBGMは、女性向けゲームに興味はなくとも一聴の価値有りだと思います。
公式サイトからOPムービーや体験版がDLできますので、是非試してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。