スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中嶋敦子の偉業

先月、月刊ウイングス連載の人気作、つだみきよ原作「プリンセス・プリンセス」のアニメ化が発表されました。

男子校での男ばかりの生活の潤いとなるべく見目麗しい生徒を選び、校内のイベントの度に女のコの格好をさせるというこの作品。コメディとしてだけではなく、見る者の妄想力によってソフトBLや擬似百合など、多方面に楽しめる良作であります。

さて、アニメ版のキャラクターデザインを担当するのは、その筋の人なら一度は名前を聞いたことがあるであろうベテランアニメーター中嶋敦子さん
アニメーターというと、いかに絵柄をオリジナルの絵に寄せられるかという能力が重要と思われますが、中嶋さんは、どの作品を担当しても自分の絵柄を強く押し出した作画をするという点で、ある意味異色のアニメーターと言えるかもしれません。(とはいえ、古参のアニメーターではそういう方が少なくもないですけど)

そんなわけで、「プリプリ」のキャラクターデザインを彼女が担当すると決定した時点で

どちらさまですか


こうなることは予定調和だったわけで。
強いて言えば髪の色設定あたりに、アニメネギまと同類の「やらかしちゃった感」を感じますが。

さて、遡れば「らんま1/2」「逮捕しちゃうぞ」など主に美少女絵で名前を馳せてきた中嶋さん。最近でも「マリア様がみてる」のEDで非常に良い仕事をしてくれましたが、近年では「プリプリ」に見られるように、女性向けのお仕事も増えている模様。
きっかけは、おそらく週刊少年マガジン連載のキバヤシ原作漫画「ゲットバッカーズ奪還屋」のお仕事ではないかなと思います。

美形男性キャラ目白押し、あからさまに発酵せし乙女のウケを狙ったエピソードも有り、マガジンの中でも多くの女性ファンを抱えていたゲットバッカーズ。アニメ放送開始から半年が過ぎた頃から、アニメージュ誌上に中嶋敦子さん描き下ろしの版権絵が続けて掲載されるようになりました。

これなんてBL?


中嶋さん曰く「編集からラフを貰って描いていた」というこれらの猥褻画像美麗な版権絵ですが、ちょうど同時期に公開された、長いアニメーター仕事歴の中、初めて中嶋さん自らが絵コンテを切り、原画を描いたというアニメ3クール目のEDがこちら


蛮より銀次の方が身長が高いという設定も華麗にスルーした驚愕映像に、普段は閑古鳥のゲットバッカーズアニメスレも、この時ばかりは祭り状態でした。
(知らない人の為に補足しておくと、着物を着た長髪美人はCV保志総一郎の男です)
また、中嶋さんが「ANIME EXPO 2003 in USA」にゲスト出演した際、自分の紹介ビデオにこの映像を使われるという羞恥プレイを受けたそうです。

その後に関わった作品の中でも、「PIECE MAKER」や「tactics」など、元々中嶋さんの絵柄が耽美的である事を差し引いても彼女の担当したシーンだけあからさまにホモホモしいというケースが少なくなく、意図的なのか偶然なのか少々気になるところです。

ゲットバッカーズ以来、中嶋さんにヨーグルト臭漂う版権絵を依頼し続けているアニメージュですが、最近のトリブラの羽根の舞い散る中、カインとアベルが全裸で抱き合っているイラストは、流石に耽美っぷりが笑いの方向に達してしまったなと思わざるを得ませんでした。

このように、美少女描きアニメーターとして知られる反面、女性向けのお仕事に関しても数々の偉業を残している中嶋敦子さん。
「プリプリ」で女性向けアニメの新境地を開いてくれることを期待しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。