スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナムコ期待の女性クリエイター

角川ビーンズ文庫で人気を博し、NHKにてアニメも放送中の人気作品「今日からマ王!」を題材としたゲームが今年、PS2とPCにて発売されます。
PS2版はナムコ、PC版はツーファイブから、それぞれRPG・ADVと異なったジャンルでの発売となるようです。

個人的に注目したいのがPS2版。ナムコから版権ものゲームが発売されること自体が珍しいのですが、「マ王」はナムコとしては初の女性向けゲームという事で、スタッフも女性を中心に構成されている模様。そんな中、この作品のディレクターを勤めるのが篠崎香織さんです。

人気パズルゲーム「ミスタードリラー」シリーズのキャラクターデザイナーとして活躍しておられた篠崎さんですが、Gpara.comのクリエイターズファイルに登場された際のインタビューにて、以下のように語っておられます。

--------------------------------------------------------

Q
>自分がプレイしたことのあるゲームの中で、「名作」と呼ぶべきゲーム作品を1タイトル挙げるとすれば何ですか?

A
>あえてひとつあげるならパソコンゲーム『BOY×BOY』です。女の子二人でここまでの作品をやってのけたのは凄いと思います。

Q
>「こんなゲームをつくりたい」「こんなゲームで遊んでみたい」など、今後のゲーム・エンタテイメント業界におけるご自身の展望や、業界全体への希望などをお聞かせ下さい。

A
>学校が舞台のゲームは、一度でいいので作りたいですね。
(中略)
あ、やっぱり一度でなく何度でもやりたいかも、学園モノ。あと、美少年ばかり出てくるゲームをいつか作りたいです。

--------------------------------------------------------


素晴らしい御方です。

ちなみに、「BOY×BOY」とは1999年にキングレコードより発売された全年齢向けBLゲーム「BOY×BOY~私立光陵学院誠心寮~」のこと。
石田彰、関俊彦、三木眞一郎、高山みなみといった豪華声優陣が参加しており、石田彰に「生と死は等価値」と言わせたり、高山みなみに「犯人はお前だ!」と言わせたりといった小ネタも効いた素敵な一品です。
現在ソフトはロットアップしているので、おそらく中古購入くらいしか入手手段が無いとは思いますが、機会があれば是非プレイしてみて頂きたい。


現在発売中の女性向けゲーム雑誌B'sLOGでのインタビューでも、「マ王」へ対する愛着に加え、長年女性向けゲームを作りたかったこと、また、主人公は男の子というこだわりがある事を語っていた篠崎さん。

コナミの「ときめきメモリアルGS」やカプコンの「フルハウスキス」のように、大手メーカーが女性向けオリジナルゲームを発表することも最近では珍しい事ではありませんが、その殆どが乙女ゲーム(主人公=プレイヤーキャラクターが女性で、男性キャラを攻略するゲーム)であることも事実です。
「マ王」ゲームの発売も楽しみですが、いつの日かナムコから、彼女の手がけた「男の子が主人公の、美少年ばかり出てくる学園モノゲーム」が発売されることを心待ちにしています。
スポンサーサイト

コメント

いつも楽しく拝見させていただいております。
ゲーム「今日からマ王」の発売を、楽しみにしています。

『BOY×BOY』

なんだか聞いたことがあるゲームだなと思ったら、本棚にありました。
「今日からマ王」は小説だけでいいですね。

マ王を、よく○Hkは、してくれた!と、思いますね~。
腐のつく者としては、寸止めが、1番おいしぃいい><・・
妄想が先走りっぱなし!!

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナムコの日

中古☆ファミコン☆箱・説明書有り商品情報箱・説明書有り中古FCトップへ♪てんとう虫トップへ♪          ・任天堂、バンダイナムコからモノリスソフトを買収・Nintendo Wii ソフト 縁日の達人/ナムコ・ バンダイナムコ E3 2006にWiiソフトを出展しない

プレイヤーキャラクタープレイヤーキャラクター(''Player Character'')またはPCとは、ロールプレイングゲーム関連用語で、遊び手(プレイヤー)が操作を担当する登場人物(キャラクター)のこと。日本では「プレイヤーズ・キャラクター」と言うこともある。ストーリー性の強
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。